マンション売却のリフォーム

「リフォーム」と「リノベーション」

中古のマンションのリフォームやリノベーション、ここ近年はやってきているようです。実際、新築マンションに比べて、コストパフォーマンスが圧倒的に高いです。同じ立地、広さ、内装設備だと、二割から三割は中古マンションをリフォームする方がオトクだと言われています。リフォーム済みの中古マンションを買わなくても、購入者がリノベーションすることで、より理想の住まいにすることができます。

 

家族

ここで、「リフォーム」と「リノベーション」の意味の違いを確認しておきますが、「リノベーション」とは、建物の持つもともとの性能以上に新しい付加価値を再生させることです。一方「リフォーム」とは、老朽化した建物を建築当初の性能にもどすことを言います。例えば壁紙の張替えなど、比較的小さい工事をさすことが多いようです。中古マンションを売り主がリフォームするということは、つまり、新築当初なみのクオリティにはなるはずですが、それよりも購入者が「リノベーション」した方が、新築当初よりも、さらによくなるということで、居住者にとってはよりよい住処になりそうですよね。

 

ただ、「リノベーション」は間取りも自由に設計できます。家族構成に合わせた部屋にすることで、快適な暮らしが手に入ります。また素材も好きなものが選べるので、例えば自分の使いたい珪藻土や無垢材なども選べます。かなり魅力的ですよね!

中古マンションの売却。リフォームしていなくても購入者がリノベーションできる関連ページ

マンション売却で、近所に知られたくない場合に注意すること
近所に知られずにマンションを売却するには、不動産業者に相談し、水面下で特定の顧客のみに紹介して販売を進める等の方法があります。
分譲マンションを売るか、賃すかの違い
分譲マンションを売るか賃すかは大きな違いがあります。売却と賃貸では、収入、支出、そして手間などの面で違いがあります。