近所に知られずにマンションを売却

チラシなどに掲載されたり、物件の内覧をしないといけないけど・・・

近所のお父さん

マンション売却をすすめていることを、近所の人に知られたくないというケース、よくあります。不動産売買となると、チラシなどに掲載されたり、物件の内覧をしないといけないなどで、周りに知られないようにするのは難しいのでは?と思いませんか。いえ、近所に知られないように売却を進めることは可能です。

 

基本的にマンションの売却では、部屋番号などまでは広告に掲載しないので、よほどのことがない限り近所の人には分かりにくいようにはなっています。しかし、やはりどうしても内覧等を行うことになり、スーツを来た営業マンが、買主候補と一緒に売却物件を見に行ったり、不動産業者の名前の入った車が停まっていたりなど、どうしても近所の人に分かってしまいます。あるいは、間取りや外観写真などでわかってしまうというケースもあります。しかし、不動産業者に「内緒で売却したい」旨を伝えれば可能です。

 

その方法とは、それぞれの不動産業者が持っている顧客情報の中から、買主候補をリストアップしてもらい、その候補に対して個別に販売活動を行っていくことになります。大々的な宣伝ではなく、一つ一つに地道にアプローチしていくので、時間はかかりますが、この方法なら近所に知られないように進めることができます。あるいは、不動産業者に買取をしてもらうという方法もあります。

マンション売却で、近所に知られたくない場合に注意すること関連ページ

分譲マンションを売るか、賃すかの違い
分譲マンションを売るか賃すかは大きな違いがあります。売却と賃貸では、収入、支出、そして手間などの面で違いがあります。
中古マンションの売却。リフォームしていなくても購入者がリノベーションできる
中古マンションを売却する際に、リフォームしなくても、購入者が購入した後で、自分で好きなようにリノベーションしたほうがより住みやすいかもしれません。