マンションを売るか、貸すか

売却と賃貸では、どちらが得か!?

分譲マンションを売却するか賃貸するか、どちらがどうお得なのでしょうか。どういった違いがあるのでしょうか。まず気になるのが、売却した場合と賃貸にした場合との費用。まず売却した場合は収入として「売却代金」が入ります。一方、賃貸にした場合には「賃料、敷金礼金、更新料」などが継続的に入ります。支出について見てみると、売却の場合には、不動産業者に対しての仲介手数料の他、抵当権抹消等の登記費用、残債のある場合は住宅ローンや、必要に応じて、修繕やクリーニングの費用、そして譲渡益が出た場合はそれに対する所得税がかかります。

 

売るか貸すか迷っているマンションのイメージ

また賃貸の場合にかかる費用としては、必要に応じて、入居前の修繕やクリーニング費用の他、賃貸物件を扱ってくれた業者に対する仲介手数料、そして管理委託費、また入居者などからのクレーム対応(トラブル対応)、固定資産税や都市計画税などがかかります。

 

売却のメリットは、売却の代金が大きな収入となること、また売却額が確定できるので、将来的に下落などのリスクを避けることが出来る、また、マンションを資産として有する、不動産維持管理費用などが不要になる点です。賃貸にするメリットは、不動産資産として持ち続けられること、そして継続して家賃収入が見込めることです。またデメリットについて見てみると、売却の場合は不動産資産を失うこと、売却のタイミングに寄っては、売却代金を損してしまうことがあるということです。また賃貸の場合のデメリットは、維持管理の手間とコストが発生すること、そして空き室が出た場合、収入が得られないこと、そして、家賃収入に対して確定申告をする必要があることです。

分譲マンションを売るか、賃すかの違い関連ページ

マンション売却で、近所に知られたくない場合に注意すること
近所に知られずにマンションを売却するには、不動産業者に相談し、水面下で特定の顧客のみに紹介して販売を進める等の方法があります。
中古マンションの売却。リフォームしていなくても購入者がリノベーションできる
中古マンションを売却する際に、リフォームしなくても、購入者が購入した後で、自分で好きなようにリノベーションしたほうがより住みやすいかもしれません。