マンションの専属売却契約

「専属専任媒介」「専任媒介」と「一般媒介」について

専属専任媒介の営業マンのイメージイラスト

マンション売却の成否を大きく左右する不動産業者選び。その業者との媒介契約には三つの種類があります。「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の三つです。専属専任媒介と専任媒介は一つの業者にしぼって契約する形態、そして一般媒介は複数の業者に売却を依頼するという形態です。

 

「専属売却契約」を結ぶと、依頼できるの不動産業者は一社のみですから、契約を結んだその一社だけしか、そのマンションの販売活動をすることができません。売り主と契約を結んだ不動産業者は、売却契約を締結した後、五日以内にレインズというシステムに登録する必要があります。このレインズとは国土交通大臣の指定を受けた「指定流通機構」の全国の公益法人によって運営されている不動産物件情報交換のためのコンピュータシステムです。このレインズに登録することにより、物件情報が数多くの不動産業者に公開されるので、取引の範囲が広がることになります。ちなみに一般媒介の場合はこのレインズへの登録は任意になります。

 

「専属売却契約」の依頼を受けた不動産業者にとって、マンション売却完了の際の成功報酬がほぼ確実となることから、しっかりとした販売活動を実施してもらえるのがメリットだといえます。また、一週間に一度の販売活動報告も義務づけられているので安心というメリットも。ただ、逆に「一社だけ」ノ契約だからこそ、依頼した不動産業者への依存度がかなり高まりますから、業者選びには慎重に行わないといけないのがデメリットだと言えます。

マンション売却の際、専属売却契約を結ぶメリットとデメリットは関連ページ

ローンの残りがある場合のマンションを売る方法
マンションを売却した額が入っても、住宅ローンの残債が残っている場合でも、新たにそれを含めたローンを組むことが可能です。ローン残債がある場合は、これで売ることが可能になります。
居住中のマンションを売る場合は
自分や家族が居住中のマンションを売る場合、内覧に備えて色々とすっきり片付けておくように心がけてください。
売りたいマンションの名義人が家族の場合は
売りたいマンションの名義人が家族の場合でも、しっかりと名義人本人の確認と承諾が必要です。