ローンの残りがあるマンションを売る

ローン残債があっても売却は可能

妊婦

マンションを買い替える場合、売却したいと思っても、ローンの支払いがまだ残っているという方も非常に多くいます。マンション売却に関しては、利益が出ることもありますが、逆に損をすることもあります。

 

マンション売却時には抵当権を抹消しておく必要があります。つまりローンを完済し、ローンを借りている金融機関の「抵当権解除証書」が必要です。マンションを売却したその分の金額でローンを完済できればいいのですが、そうもいかない場合は、自己資金をローン完済に充当しないといけません。そもそもローンの残債がなければまったく問題なく、新居購入に際してのローンを組めばいいだけですよね。でも売却額が必要な資金に満たず、それができないという場合はどうすべきなのでしょうか。

 

そういうときには、売却するマンションのローンの残債も含めて、新たに購入する分と含めたローンを組むということができます。「買い替えローン」という商品です。また、残債が発生した場合には、住民税と所得税から売却損を控除できるので、そういった優遇税制を上手に利用しましょう。色々とやり方次第でだいぶ支払額が変わってきます。また、各金融機関それぞれ買い替えローンありますので、調べて、シミュレーションしっかりしてみて下さい。

ローンの残りがある場合のマンションを売る方法関連ページ

マンション売却の際、専属売却契約を結ぶメリットとデメリットは
マンション売却の際、専属売却契約を結べば、レインズにも登録され、販売活動報告もあり、しっかりとした販売活動を実施してもらえるメリットがあります。
居住中のマンションを売る場合は
自分や家族が居住中のマンションを売る場合、内覧に備えて色々とすっきり片付けておくように心がけてください。
売りたいマンションの名義人が家族の場合は
売りたいマンションの名義人が家族の場合でも、しっかりと名義人本人の確認と承諾が必要です。