マンションの名義人が家族

名義人の承諾を得て、不動産の名義変更をしてから

権利が3家族に分かれたマンション

売却したいマンションの名義人が家族になっている場合。あるいは家族と共有名義になっている場合。そういったときのマンション売却には名義人、あるいは共有者全員の同意、承諾が必ず必要になります。勝手に売却などしてしまうのは違法行為となります。

 

共有名義の場合、例えば「自分の持ち分だけを売却する」ということは法的には可能です。が、「買う人」はいませんよね。マンションの二分の一の持ち分があるとして、その分だけを売却するといっても、マンションの半分を売却というわけではありません。あくまでも「マンション全体の二分の一の持ち分(権利)を持っている」だけですから、そんなもの買えませんものね。ですから、共有物は共有者全員のもの。「共有名義のマンション共有者全員の承諾が必要」ということになるわけです。

 

名義人が家族であってももちろん承諾は必要です。マンションの売却には名義人の実印と印鑑証明が必要ですが、家族だったら置き場所は知っているかもしれませんよね。だからといって勝手に使ってはもちろんダメです。家族であろうと、きちんと名義人の承諾を得て、不動産の名義変更をしてからでないと、不動産、マンションの売却はできません。

売りたいマンションの名義人が家族の場合は関連ページ

ローンの残りがある場合のマンションを売る方法
マンションを売却した額が入っても、住宅ローンの残債が残っている場合でも、新たにそれを含めたローンを組むことが可能です。ローン残債がある場合は、これで売ることが可能になります。
マンション売却の際、専属売却契約を結ぶメリットとデメリットは
マンション売却の際、専属売却契約を結べば、レインズにも登録され、販売活動報告もあり、しっかりとした販売活動を実施してもらえるメリットがあります。
居住中のマンションを売る場合は
自分や家族が居住中のマンションを売る場合、内覧に備えて色々とすっきり片付けておくように心がけてください。