マンション売却の基本

マンション売却の基本HOW TO記事一覧

ローンの残りがある場合のマンションを売る方法

マンションを買い替える場合、売却したいと思っても、ローンの支払いがまだ残っているという方も非常に多くいます。マンション売却に関しては、利益が出ることもありますが、逆に損をすることもあります。マンション売却時には抵当権を抹消しておく必要があります。つまりローンを完済し、ローンを借りている金融機関の「抵...

≫続きを読む

 

マンション売却の際、専属売却契約を結ぶメリットとデメリットは

マンション売却の成否を大きく左右する不動産業者選び。その業者との媒介契約には三つの種類があります。「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の三つです。専属専任媒介と専任媒介は一つの業者にしぼって契約する形態、そして一般媒介は複数の業者に売却を依頼するという形態です。「専属売却契約」を結ぶと、依頼でき...

≫続きを読む

 

居住中のマンションを売る場合は

マンションの売却を進めることになったとしても、まだ居住中の状態で、ということもありますよね。そういうときに、どういうことに気をつけたらよいでしょうか。何が課題かというと「内覧」ですね。マンション購入希望者は物件を確認にきます。そのときに好印象を持ってもらうために、きちんと片付けておくのが大事なのです...

≫続きを読む

 

売りたいマンションの名義人が家族の場合は

売却したいマンションの名義人が家族になっている場合。あるいは家族と共有名義になっている場合。そういったときのマンション売却には名義人、あるいは共有者全員の同意、承諾が必ず必要になります。勝手に売却などしてしまうのは違法行為となります。共有名義の場合、例えば「自分の持ち分だけを売却する」ということは法...

≫続きを読む