マンションを売る方法

マンション売却の流れ

マンション売却はまずは売却価格を決めることからですが、平行して、必要書類の準備や、室内の清掃などもしておきましょう。業者が決定したら、あとはしばらくお任せすることになります。

 

 

売却するマンションのイラスト

マンションを売却することを決めたら、高く早く売るために色々とすべきことがあります。まずは、いくらで売るのか、売却価格を決めることになりますが、不動産の仲介業者を選ぶ際には、いきなり一社に絞らず、適正な価格を知ることから始めましょう。そのためには、複数の業者での査定が必須です。査定の見積もりはサービス内用や契約内容、そして営業マンとの相性なども含め、自分の希望に合ったところを見つけましょう。不動産業者の選定がマンション売却には重要なポイントとなりますから。

 

平行して色々と書類を準備しておくことも必要です。購入時の売買契約書や権利証の他、住宅ローンが残っている場合はその支払い明細書や固定資産税などの明細も必要です。

 

仲介業者を決めたら、後はしばらくその業者の働きに任せることになります。購入希望者が現れたら、内覧といういうことで、マンションの室内を案内することになります。そのときのためにも部屋をきれいにしておくことも必要ですね。無事にマンション購入者が決まったら、今度はいよいよ売却の条件交渉。購入者と売却者双方で納得がいったら売買契約を結びます。その後、様々な手続き(権利証の譲渡など)を終え、購入者に物件を引き渡すことになります。売却完了、ですね!

マンションの査定。こんな業者に注意

マンションの査定の成否は仲介業者選びにかかっているといって過言ではありません。不適正な査定額を言ってくるような業者は避けた方がよいでしょう。

 

 

営業マン

マンション売却の時に重要なのは業者選びです。マンションを査定してくれる業者でもあり、不動産売買の仲介業者でもあります。最初マンション売却を進めようとしたときに、いくつかの業者に査定依頼をすることになりますが、それぞれの業者によって査定価格は様々です。また、業者によって得意分野やエリア、情報収集能力などの善し悪しなど、色々と違いがあります。さらに同じ業者の中でも営業マンによって違いがあったりします。

 

一度媒介契約を結び、売却をスタートさせると、あとは業者におまかせするしかないことが大部分を占めます。業者の働き次第でスピーディに高く売れることもありますし、逆に業者があまりよくないとなかなか売れず、結果として安く叩き売りとか、売れ残りなんていうことにもなりかねません。業者次第でマンション売却の成否が決まるといっても過言ではないのです。

 

では、どのような業者があまりよくないのかというと、例えばむやみに査定額を高く言ってくるような業者。査定価格が高いからといって喜んで飛びついてしまうと、結局売れにくいということになります。やはり適正価格というのはあります。自分でもきちんと情報収集をして、相場がどのくらいかということを知った上で、提示された査定額を見極めるようにしてください。また、「無料査定」といっているにも関わらず、業者によっては、媒介契約をしないと有料とするところもあるので、そのあたりも事前に確認してください。

 

 

はみ出しコラム

 

  • マンション売却が決まったあとは、新居へのお引越し。そんな時に役立つ情報を紹介します。まず最初に、日取りについて。できれば、大安のような吉日に引越しをして、新しい生活をスタートさせたいですよね。ただし、料金は高め。そこで…

    引越しで大安は高い。では、友引、先勝、先負、赤口、仏滅は…を読む…、

  • つづいて、引越し荷物が極端に少ない人。そんな場合には、ゆうパックやクロネコヤマトの宅急便などを利用するのもひとつの方法です。北海道と東京、そんな遠距離であってもこの方法使えば格安。ただし、大きな家電や、壊れやすい家具があるとNGです。
    ゆうパック 引越しについて読む…。

不動産業者によるマンションの買取保証サービスとは

不動産業者に仲介を依頼したものの、一定の期間で売却が出来なかった場合に、業者がマンションを買い取ってくれるのが「買取保証サービス」です。

 

 

アパート

マンションを売却するときに、普通は不動産業者に仲介をしてもらい、買主を探してもらいますが、それだけではなく、不動産業者にマンションを買い取ってもらう「買取」という方法もあります。不動産業者による買取なら、「確実に売ることができる」というメリットがあります。買主を探して売却すると、場合によってはなかなか買い手が見つからないということにもなります。また、「売り出し中」ということがチラシやホームページなどに掲載されますから、近所の人などにも売却していることが分かってしまいます。不動産業者による買取なら近所などに知られずに売ることができ、すぐに現金化できるのもポイントです。

 

逆にデメリットもあります。それは買取価格がかなり安いということです。物件を買い取った不動産業者はその後販売活動をしてマンションを売却しなければなりません。そういった手間を含め、「売却しなければならない物件を抱える」ということにもなるので、どうしても買取価格が安くなってしまうのです。

 

不動産業者によっては「マンション買取保証サービス」というものを提供しています。これはどういうものかというと、「不動産業者に仲介を依頼して売却をすすめていたものの、一定の期間売れなかった場合に、不動産業者が買取してくれる」というサービス。マンション売却の際、「売れなかったらどうしよう」という不安はありますが、買取保証サービスがあれば安心ですね。ただやはり買取価格はかなり安くなってしまうので、あくまでも「保険」といった位置づけで捉えるとよいでしょう。